Jinsで偏光レンズのサングラスを買って使った口コミ

[偏光サングラス] ブログ村キーワード

Jinsメガネの偏光レンズサングラス、買いました!
度が入ってるやつです。度が入ってるので、サングラスだけどメガネ機能もかねそなえてます。つまり普段のメガネ感覚でかけられるサングラス。この時点でちょー楽です。

度付き偏光レンズでドライブした感想

で、早速青天のドライブの時につけてみましたが、本当目が疲れないΣ(゚∀゚ノ)ノ
目への刺激がなさすぎてリラックス状態になり逆に眠くなるレベル!笑(褒め言葉)
買って良かったです。

※追記
買って半年たって、特に最近(2018年5月~6月)は夏日みたいな日もあり、その時にはよく偏光レンズサングラス使って車のってました。

やっぱり目が疲れないしすごく楽。日帰り旅行の「往路」でちゃんとサングラスをかけていれば「復路」でも目はぱっちり!目は疲れないです。肉体的疲労は別だけどw
しみじみ買ってよかったと思った。

度付き偏光レンズの濃さと見えやすさについて

レンズの濃度はそこまで濃いわけではなく、ミラーレンズでもないので相手から「サングラスをかけたこちらの目線」は余裕でわかるくらいです。「夜ちょっと手前の夕方頃」まで違和感なくかけられますし、このサングラスをかけたまま高速のトンネルに突入しても問題なく運転できます( ̄▽ ̄)v

買ったのは自然な見え方がするグレーです。確かに自然でいいかんじ。

ブラウンの方がおしゃれといえばおしゃれな感じがしますけど、屈折率が低く球面レンズの偏光サングラスを選ぶ時点で性能ガチ勢なサングラスなわけで、偏光サングラスはおしゃれさより性能第一と割り切ってますw
ファッション用はまた別にミラーレンズのデカサングラスでも買えばいいさ。(個人的な感想ですよ)

1万円で買えるコスパの良さ

ジンズでは度付きの偏光サングラスがメガネとセットで1万円から買えます。安い!つけた楽さを実感した後だと「買ってよかった!」と思えます。

もしフレームを持ち込んで偏光レンズだけ入れてもらう場合は技術料+5000円がかかるので、レンズ代の5000円とあわせて1万円かかります。

そう考えるとジンズでフレーム一式で買えばフレームは無料でついてくるようなものなので、 JINS メガネでフレームを試してみてそこそこ良さそうなのがあったらそれでセットで買うのがお得でしょう。

→JIN’s オンラインショップへ

ジンズメガネの偏光レンズのレンズメーカー

レンズは東海オプティカル、屈折率1.5の単焦点、球面レンズです。非球面ではなく球面レンズというのは見え方の違いがちょっと心配でしたが、じっさいつけてみると普段つけてる非球面メガネと見え方の違いは感じません。

視界はクリアそのもので、目の疲れも感じません。非球面レンズの方が見え方が歪みがないというのはレンズ会社のただのマーケティングというか、宣伝文句なのでは。

レンズメーカーの東海オプティカルは有名メーカーですし、メイドインジャパンの信頼性もあります。

偏光レンズのデメリット

夏は車内に放置できない

まず私の場合、度付き偏光レンズのサングラスはほぼドライブ用とわりきっているので、普段使いのメガネも一緒に持ち歩いてます。(車を降りたら、たいていフツーのメガネにつけかえる)

で、偏光レンズはプラスチックレンズであり、プラスチックレンズは高温に弱いので車内に放置できません。なので車が高温になる夏とその前後の季節はサングラスも一緒に持ち歩く必要があります。これが面倒っちゃ面倒ですね。ちょっとコンビニ行くってくらいなら車の中においておいても大丈夫ですが。

もちろん、メガネを掛けかえず偏光レンズで日中過ごすという人には関係ない話です。

屈折率が低い

ジンズメガネの度付き偏光レンズは屈折率が低いです。屈折率が低いとどうなるかというと、レンズの端の厚さが厚くなりがちです。(視力が悪い人ほどね。見えやすさはなんの問題もないです)

どれくらい厚くなりそうか?は店員さんに聞けば「このフレームだとこれくらい」と教えてくれるので定員さんと相談しつつフレームを選ぶのがいいですよ♪なるべく厚みを出さないには、レンズの左右幅がせまいフレームを選べばOKです。

横長スクエア型のフレームだとレンズの端の厚みが厚くなりがちで、丸型に近いメガネほど、横幅が狭いのでレンズの端の厚みが薄くなります。

参考画像↓

メガネレンズ 厚み

(レンズは中心部ほど薄く、端ほど厚い)

スマホの画面とカーナビの画面が見えづらい

偏光レンズとディスプレイの画面というのは相性がわるいようで、スマホの画面とかカーナビの画面が見えづらくなります。見えないわけじゃないんだけど、画面がちょっと反射するような感じというか、黒くなる感じがして見えづらい。

とはいえこの見えづらさを差し引いても「車を運転するときは偏光レンズがいい」と確信をもっていえます。でも一応、jinsメガネの店頭で偏光レンズを通してスマホ画面とかをみてみて、見えにくさの具合を確認して納得の上で買ったほうがいいでしょう。

もしかしたらディスプレイの種類によっては全然見えにくくない場合もあるかも。

ジンズの偏光レンズメガネの購入はこちらから通販でもできます。



JIN’s オンラインショップ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする