偏光レンズ 度付き

[偏光レンズ] ブログ村キーワード

ジンズメガネでは通常価格+5,000円でメガネのレンズを度付きの偏光レンズにしてくれます。

JIN’s オンラインショップ

ジンズメガネはレンズ一式の価格は5,000円からなので
偏光レンズ代+5,000円の
10,000円から度付き偏光レンズのメガネ(サングラス?)が買えます。

安い!!

通販で買える手頃さもいい。

手持ちの他社メガネフレーム持ち込みでの度付き偏光レンズへの交換をしてくれるかどうかは今度電話確認予定。

もししてくれるなら通常レンズ交換費用5,000円+偏光レンズ+5,000で1万円かな?(料金)

偏光レンズのサングラスって釣り用のダサい(実用性最重視のため)やつ多いですが、ジンズメガネならオシャレなサングラスがつくれそう。

偏光レンズ対応メガネフレームはフルリム

ちなみに偏光レンズに対応しているフレームはフルリムのみ。
※フルリム=レンズ枠が「ある」メガネフレームのこと。フルリムフレームの一例↓

サングラス フルリム

リムレス(メガネ枠がない)や
ナイロールを使うハーフリム
(メガネ枠が半分ないやつ)
は対応してません。

↓これはリムレスタイプ(非対応)

サングラス フルリム

リムレスなどに対応できるのは「着色レンズ」
「偏光レンズ」は対応できないようです。

ジンズメガネだけでなく他の高いお店を見ても、ほぼどこも偏光レンズはリムレス、ハーフリムに対応してない。

偏光レンズは偏光フィルムをレンズとレンズでサンドイッチして作るそうです。

で、フルリムだと?
→レンズに穴をあけた周囲の色調が明らかに歪む

ハーフリムだと?
→ナイロールを通す溝をほるときに偏光フィルムの部分を削らざるをえない。
→そこから水や空気が入ってフィルムが剥離したりする。

のでダメみたいです。
こりゃあしょうがない。

最近偏光フィルムを挟まないタイプの偏光レンズも出てきたみたいですが、値段が高い(度付きだと3.5万円くらい)のと、
れんず屋でもこのレンズはリムレス、ハーフリム非対応でした

やっぱり偏光レンズをリムレス、ハーフリムにつけようとすると不都合があるみたいですね。他にも。

jinsメガネ 偏光レンズのメーカー

メーカーは東海光学株式会社のプラスチックレンズみたいです。

https://ameblo.jp/maru-jgreen/entry-12236175136.html

屈折率は1.50
屈折率が低いのでレンズは厚みが結構ある。
なのでフレームは太めのほうが相性良さそう。

偏光レンズもプラスチックよりガラスの方が見え方はよりクリアみたいですが、値段がレンズだけで3~4万円くらししますかねぇ。

いきなりそんな金額だせないよ。
そこそこお洒落で性能もいいお手頃価格のが欲しいのよ、って人にはジンズメガネの偏光レンズは助かる。(偏光レンズというだけでも普通のサングラスより性能いいわけだし)

高くてもいいから高性能な度付き偏光レンズが欲しい、交換したい、という場合はれんず屋さんが対応しています。

ジンズメガネ 偏光レンズの性能

東海(有名レンズメーカー)だから問題ないと思います。
実際に使ってみた方のブログ

http://kaerukun-01.com/post-1405

「普通に使えてるじゃん!!」

とのこと。
偏光レンズの肝である、水面の乱反射のカットなどもバッチリのよう。
TALEXなんていらなかったんや(大げさ)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする